Top > スポンサー広告アニメ感想 > 「ストライクウィッチーズ」第4話感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ストライクウィッチーズ」第4話感想

朗々とした軍記風の語りで前回のあらすじをヒロイックに紹介している間、流れている映像が、ブレザーにパンツ一丁のねーちゃんが、スク水のねーちゃんに肩車されて銃器をぶっ放している。というシュール極まる映像で、オレ様目眩。

なかなかどこまで本気なのかギャグなのかの線引きが難しく、
上級者向けのアニメではありますな!

さて今回、バルクホルンさんのトラウマが宮藤さんの働きによって解消され、そのバルクホルンさんばかりでなく、ペリーヌさんやハルトマンさんまで、
宮藤さんに陥落してしまうというお話。
妙に手際が良いのは1クールの常として(笑)。
宮藤さんの行動の伴わないスーパー説教で、いつも皆さんが
陥落されるのがちょっぴり気に食いませんが!

アレ良かったね。宮藤さんが上記のペリーヌさんとハルトマンさんに
認められたのが、戦闘によってでなく、治療によってだというのが!
宮藤さんの立ち位置、心のありか、進むべき道が、
なんとなーく見えてくるような趣向でしたよ!

ところで今回、ペリーヌさんが納豆に文句言ってましたが。
所詮フランス人ですよ!
ドイツ帝国出身の3人は文句言わず食ってたじゃないですか!
そもそもドイツでは大豆は「ナチス豆」と持てはやされ、
総統閣下に到っては、納豆を非常食にしようという考えも
あったという話じゃないですか!
ゆえに連中は納豆を食う、話のわかる奴らだ。

栄養あるんだからフランス人も食えば良い。
そして納豆を戦闘糧食にせんとした総統閣下の悲願を…アレ?

スポンサーサイト

Tag : アニメ

 編集・削除に必要
 管理者だけにコメントを表示

Trackback:

TrackBack URL for this entry
http://tanakan.blog10.fc2.com/tb.php/69-aae6ea1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Listed below are links to weblogs that reference
Search

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。