Top > スポンサー広告アニメ感想 > 2016年のまとめ(アニメ感想)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年のまとめ(アニメ感想)

2016年に見たアニメの感想をだーっと書きます。


おそ松さん
今期は「トド松のライン」や「チョロ松ライジング」と、名作が多かったですな。
でも、この作風だと、何をやっても最終話までの流れが予定調和になってしまうのが、勝利の方程式というか、悲しい業というかという感じですな。
多分、すごいファンだったら、手紙→おそまつさんでしたの、最終話の流れに、本気で怒ったり笑ったりできたかもしれませんが……。
こっちからしたら、茶番の中でも質悪い方だし、そう指摘したら「それを狙ったんだ」と言われそうだし!こうなっちまったら強いなあ!という。


無彩限のファントム・ワールド
良くも悪くも、作劇の教科書に載っていそうな話でした。
RPGツクールに最初から入ってるシナリオ的というか。
でも「子どもになってしまった主人公とヒロインが同居して、主人公の幼少期の孤独に触れさせてフラグが立つ」というのは、哀歓があっていいぞ!
あと「演劇部助っ人ネタ」という、一部の人が大好きなジャンルで、定型を絶妙に外してきたのは、そのジャンルに対する愛を感じて良かったなあ。ボクも好きなんだ、このジャンル。

あとはいつもの京アニ。


少女たちは荒野を目指す
これも上記の「演劇部助っ人ネタ」と一緒の、ものづくりジャンルで、とりわけ一番手垢がついたような話だったけど……。生々しい数字が出るのと、生々しい理由でゲーム作るのが差別化している気がする。
でも、ディテールだけで名作になったり、好きな一作になったりするかというとまた別の話で……でもね、ED曲がいい曲でいい絵。


僕だけがいない街
アニメになって雛月が超可愛くなっていてビビったよね。
いかにも「連載作品」らしいライド感が良かったです。
アニメとほぼ同時に原作を終わらせたのも好判断だと思います。
ただ、キレイに終わりすぎて、あんまり覚えていないというのも事実!
駆け抜ける面白さの代償、キレイに終わることの代償ですな!
でも、娯楽作品としては大成功ですよね。
(ところで、犯人の「殺意を満たすためにはぐれた弱い個体を狙う」っていうの、全く人間らしくなくて、すごく怖かったし、生理的に嫌で、サイコーでしたね)


だがしかし
だがしかし、原作の(死の匂いがする)タッチじゃなくなって、色味がついたら、全然エロくなくなった気がする!でもそれはいいことなのかもしれない……。


GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり(第2クール)
特に何も思うことなくぼけーっと最終話まで見てしまった……。
ああでも、不測の事態で異世界の兵器の間違った使い方をしてしまうダークエルフたちの狂騒は、すごく好みでした。ああいう諸行無常、すきだ。


昭和元禄落語心中
自分の欠落を芸で埋めようとするけれど、いくら埋めても埋まらずに、渇望を抱えながら生きていかなくては行けない人たち、好き……。


デュラララ!!×2 結
合わせて一年くらい付き合ったのか……。
ザ・物語という感じのお話でしたね。いくらでも引き伸ばせて、いくらでも足せて。だからこそ、いつからつまみ食いしても良くて、こういう放送形態になったんでしょうけど、それで失われたライド感は、感じてみたかったなあと。
まあ、言っても詮無きこと。終われてよかった。


灰と幻想のグリムガル
面白く見たことは見たんですけど……。
良くも悪くもランタさんですね。生き死にのかかった世界だと、人間の性格や行動は、生き残る用に最適化されると思うんですが、頑なに我を通そうとするランタさんと、それをなんとか御そうと試みながら、マナトさんの大変さが身に染みるハルヒロさんを見ながら「いや、お互い、そこまでしなきゃいけないものかね……」と思ってしまったのでした。
ランタさん、多分、お話がもっと進んでいけばいい感じになじんでくるんでしょうけど、この話数だとランタさんのアクの強さばっかり残ったのでした。


蒼の彼方のフォーリズム
人の善性を信じたり、自らの負の感情と向かい合ったり……
なんだか普通の作劇をしている!!
普通の作劇をされてしまったら、あとはキャラが好きか嫌いか、世界観が自分に合うか合わないか、特色(唯一無二の部分)が欲するものかそうでもないものかの話でしかないわけで、あんまり何か言うこともないな!


この素晴らしい世界に祝福を!
すっごく好きなので、以前記事を書きました。
(記事→この素晴らしいルーチンワークを
妙に愛らしい作品なんですよね、これ。


迷家‐マヨイガ‐
31人の群像劇!地図にない村でのユートピア作り!からの不信!魔女狩り!
という、なんとなく筋道が見えたところでアレですからね。
恐るべし。

しかし、前提がない状態で、ちょっとした仕草から、その人のパーソナリティがなんとなくわかるとものすごい喜びがあるんですが、本作も、本筋にそこまで絡まない人間(時間的にどうしても出てくる)で、そういうのが感じられたら、もっと好きな作品になったのになーと思いました。あと、ナナキの表現は逃げではなかろうか!


くまみこ
最後の最後でケチがついたねえ①
元々そこまできもちが良い作品ではないと思うのですけど。
ただ、みなさんが不満を表出する気も、オチがこうなった理由もどっちもわからんでもない。
スッキリ終わらせるとしたら、まちが田舎と自分の折り合いをつけるか、田舎から飛び出るかのどちらかしかないと思いますが、それは原作が未完で、かつ続編の可能性がある状態だと選べない。
だったら「この日常は続く」というオチにせざるを得ない。一区切りとしての最終回な盛り上がりを考慮し、且つ、その展開に導くためにシリアスな話にする。緊迫した空気感と、シリアス展開にするために嫌な役回りにしたキャラを「なかったこと」にするために、ドラえもんのパロディで、すべてをギャグ・茶番に落とし込む……。
味が薄いから塩を足し、濃くなりすぎたから水を足す……というような、バランス調節の結果があのオチだと思います。あれは丸太を削り出した結果出て来た!ようなものではないんじゃないかな。

というわけで、こういうオチにしたのはわかる。
そして、そのオチに導くために、まちを道具みたいに扱うヨシオくんと、呪いのようにあの村にまちを縛り付けるオチに不快感を覚えるのもわかります。
わかりはするが……。
本当に呪われていたのは、まちなんでしょうかね。


Re:ゼロから始める異世界生活
要は死に覚えゲーなんですが、
・未来を知っている優位性
・力がないから立ち回りで未来を変える快感
・事象のトリガーを探すミステリ要素
・取り戻せないものを取り戻そうとする前向きさ
・レム
と、楽しめる要素が散りばめられて、時には相乗的に現れて、
毎週面白く見られました。人気が出るのも頷ける。

個人的に一番面白かったのは、上記の話と
全く関係なくて申し訳ないのですが、
とんでもない時間差で奥さんに告白する爺さんです。
あれは笑った。おれはああいう勝手に完結している人の、
勝手に完結した行為に立ち会いたいと常々思っているんだ。


ジョーカー・ゲーム
皆さんの顔と名前が一致しないの、リアリティがあるといえばあった……スパイ感あった……。
1クールでやるこたやってくれたと思います。一冊の本を読み終えたあとのような感じ。「風機関」の風機関っぷりには笑った。


ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
戯画化してはいますが、我々が社会に接点を持つうえで、
信頼できる人を作って、そしてその人がいる社会を信じる……
というプロセスは、万人が通る道なのではないでしょうか。
自分が当たり前に獲得してきたもの(もしくはできなかったもの)を、
アニメの中で獲得しなおすのは、けっこう好きです。

と、本当はかわいいキャラがわいわいやってる空気と、
OPの高揚感が好きってだけなのを
上記の文章でカモフラージュ出来たぞ。


坂本ですが?
一話で合わせたチューニング―その作品をどんなスタンスで見れば良いかが、二話三話ですぐ狂って……早くクロマティ高校だと気付くべきだった……。


田中くんはいつもけだるげ
おれは報われない恋をする女の子が好きでな……。
でも最近は胃もたれするようになったので、これくらいで、
具体的には本作の白石さんくらいの、ふわっとした感じで頼みます。

これねー、EDを見れば本作の良さが一発でわかるのでEDを見てください。空気感、だいじ。


はいふり
二話で作品タイトルを変えたために、毎週録画設定をしていたそれなりに熱心なアニメファンを一気に振り落とすという、最高のスタートを切った本作……。

個人的にはドラマの弱さが気になりました。
「武蔵を止めよう!」と、晴風クルーのみなさんが一つになる展開で、
武蔵のメンバーと因縁があるのが、船長だけというのがさー。
その「船長のためにみんなで!」ってなるほど、船長に人望がないのもな!


ふらいんぐうぃっち
すーばーらーしーいー。
魔法を、日常のちょっと便利なものいちピースと割り切っているのが良い。
そうだよね、魔女だからって魔法を使う必要はない。農作業やら家の手伝いやらをしながら、学校通って日々を過ごせば良い。
作品に通底していることは、相手を尊重することと、適切な距離をとることで、
それは身近な人でも、魔法に付随する怪異とでも同じなのが良いです。
コミュニケーションって、そういうことだよねえ。


三者三葉
OPがレイズナー方式!それだけで高得点。
本作も「自分が当たり前のように獲得してきたものを、作中人物が獲得し直すことで、そのものの価値を再確認する」話……といえなくもないけど、ただのドタバタコメディの気もするな!時間軸のキーが「葉子さまの貧乏暮しがこなれて少しマトモになっていく」ってどうなんだ?!


Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
アニメ扱いなのか?コレ。
出て来るやつの倫理観が尽く欠落していることや、終盤の怒涛の展開など、謎のスケールがいかにも大陸的(大陸の作劇はよくわからないんですが、そんな風味というか)で、唸りましたね!演出もカッコイイ。


ラブライブ!サンシャイン!!
黒澤ルビィがどんどんポンコツになっていくの、すげえ面白かった。
智将キャラかと思ったら「わかりませんわ!」とか放り投げるしな。
μ'sの存在を意識しながら、どうそれと向き合い、乗り越え、
正しい関係を作れるかというのは、沼津という周辺都市と、
人気作品の二作目という、作品の外と中の事情がリンクした、
興味深いテーマでしたねえ。


Rewrite
蒼の彼方のフォーリズムがオーソドックスな作劇をしたので、
個人的に、2016年で一番エロゲ文化を継承した
話作りをしたのは本作だと認定します。おめでとう!
(面白さに直結するわけではない)


B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~
夜叉丸さんを信じるんだ……!
各ユニットで持ち歌があるのに、EDはそのうちの一つの曲が延々と流れる仕様に
「これは……色々間に合っていないのでは!?」と不安を抱きましたが、
そして実際、役者を動員しての特別編をやった気もしましたが!
そんなことは瑣末ごとでしたね。
妖刀を手に取ったら幕末志士の魂が憑依する
万病を治す薬草を取りに山に入る
無人島に漂着したと思ったら、島の発展していない側の海岸
と、手垢がつきすぎていっそキラキラしているお話の酷使に、
こちとら胸襟を開いて付き合わざるを得ねえな。なんだこれ。


アルスラーン戦記 風塵乱舞
ジャスワントが、夏の大会で負けて引退して
海に遊びに来た野球部員みたいでした。


NEW GAME!
やりがいを人質に長時間労働を課されている!
と、思わせないように、綺麗な社内、つく残業手当、
いい人間関係、達成感、カワイイ女の子たち等の
目くらましが効いていて、楽しんで見られました。
うまくいく限りは、永遠の部活感があって心惹かれますな。

しかしねねっち……接客業でもないのに友人が職場に来たら、
けっこう絶交案件ですよね……さすがねねっち……。


この美術部には問題がある!
美術部に問題があるのではなく、問題は各個人に回収されていませんか?


91Days
いいですよね!家族の復讐のためにマフィアに入り込み、
ボスに近づくために功を上げる過程で生まれる友情!裏切り!
当たり前のものが当たり前の顔をして、丁寧に現れると、
よっ!古典!期待通り!って感じで良いですよな。

裏切り者を始末するための最後の旅で、
なんとなく人間性を取り戻してハイになっていく感じ、
ボクはソナチネを感じたんだけど、どうか。死は救い。


タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~
仕様書通りのものが出て来た感!
OPで兄貴がフェンスを乗り越えたシーンで静止するのがオモシロすぎて
最後まで見てしまいましたが……枠内!
あ、イングランドでウェストを絞った女性が失神したのは良かったぞ!
(そのせいで当時の女性は貧血気味で失神しやすかったとかなんとか)


バッテリー
CMの「全国大会に連れてってやるよ」ってオトムライ(監督)への言葉なの!?

勝手な予想なんですが、本来はまとまりのなさ(広がり)こそが本作の魅力で、自分の心を重ねられるキャラを各々が見つけ、雰囲気を味わうという作品だったと思うのですよ。ただ、アニメ化にあたって、アニメ的なまとまりもとろうして、どっちつかずになってしまった感じ。上品といえばそうだけど、味がないといえば、そう。
望月監督の絵作りなら、散漫でも、まとまりがなくても、美麗さでねじ伏せられると思うんだけどね。

しかし、背中ベルトしばき事件といい、チームメイトに土下座強要事件といい、普通の野球漫画に存在しているコードを、さっと超えてくるの、超びっくりするというか、怖いですよ。なんかすごいものを見た、これは普通の野球漫画ではねえという感はあった。


WWW.WORKING!!
ボクはWEB連載時から宮越さんが好きでな……。キャストが戸松さんに決まったときは「ああ、神様は見てるな」と思ったもんさ。

本作の「宮越さんのチョコはやばすぎて、食べると意識が飛び聖バレンチヌスに会える」という、トンチキな設定を話の核にして、最終回への重要な寄せの足がかりにしてしまう奔放さが好きです。
リアリティラインのギリギリのところでタップダンスしている巧みさがたまらない。すごいや。あと宮越さんはかわいいや。


魔法少女育成計画
こんなことを言うと文句言ってるみたいですけど、
スケールをデカくしようとしない、SFにしようとしないで、
徹頭徹尾娯楽作品に徹する姿勢、素晴らしいと思うんですよ。

お気に入りのキャラの生き死にに毎週ハラハラするのって、
(そしてハラハラ出来るようにドラマを作れるのって)
とっても貴重で、素敵なことだと思うんですよね!


うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター
いつものうたプリ……と言いたいところですが、現場は厳しかったようで!
個人的にはトンチキな作画や演出は好きなのですが、
ムダにクオリティが保証されていたからこその、不釣り合いにゴージャスな超展開が一回転して感動につながるという面はあったと思うので……。

珍奇な殴り合いとか、曲を渡されてお年玉を貰った子どものようにはしゃぐヘヴンズとか、ちょう面白いんですけどね!


SHOW BY ROCK!!#
巨大悪を最終回でみんなでやっつける話が嫌いなんですが、
今回はそこまで嫌じゃなかったのは、その巨大悪が個人に回収されたからかなーと。それでも、音楽で世界を救うのって、数値化出来ない分、納得がいきにくい難しいものだと思いますが、ちゃんとまとめてくるし、最終話を背負うだけの楽曲を用意するんだからえらいよねえ。
(たまに思うが、ぼくは何様なんだ?)



ステラのまほう
NEW GAMEの次のクールに本作をぶち込むんだから困るよね……。
でも、商業でゲームを作ることに対しての、
同人で、自分の楽しみとしてゲーム制作をする意味について、
セリフで片付けず、ちゃんと向き合っていたと思います。
主題歌、どっちもよかったねえ。


灼熱の卓球娘
「努力する秀才が、努力してもたどり着けない天才に対してどう応ずるか」という話かと勝手に思ったら、けっこうさらっと落ち着きましたね!
まあそれはそれ!女の子がカワイイ、主題歌がいい、特に文句はねえ。


てーきゅう 7、8期
公式サイトが7期と8期のあらすじ書くの諦めていますからね!
ボクも感想を書くのを諦めていいのではないでしょうか。
空気のように楽しみました。いつもどおり良かったです。


魔法少女なんてもういいですから。
ふらいんぐうぃっちと殆ど変わらないはずなのに、
このグラビアイメージビデオ力はなんなんだ。


響け!ユーフォニアム2
ボクなんか今だにユーフォの音とか逆算しないとよくわかりません。
でも、ユーフォみたいな子である黄前ちゃんが、ユーフォみたいに立ち回って、最後にはその「らしさ」に救われた人がいるという構成は本当に美しかったですね。
本作の胸を打つところは、相手に向けた感情・愛情が、相手から同量は返ってはこないことを執拗に描いているところ。これはすれ違いよりも辛い。けど、黄前ちゃんは押し付けないし、あすか先輩はいなすんだよね。相手に感情を向けなければ傷つかないが、傷つかなきゃいけないときも、傷つけなきゃいけないときもある。それが辛くて辛くて仕方ない人が、ユーフォっぽい人たちなんでしょう。そんな二人のユーフォが幸せになる話ですよ。話がくどいな!


ブレイブウィッチーズ
非戦派の宮藤さんと違って、立派な職業軍人のお姉ちゃんがいる雁渕さんが主人公だと話が早いな!すぐに見せたいものを見せてくれるようになったのはエライなーと。


ユーリ!!! on ICE
すごく好きですね!
他人の中にいる自分の姿に火をつけられ、そこから生まれたものがまた相手や別の人に火をつけるという永久機関。
最終回に提示した答えも美しいですし、そこに至るまでの流れも良かった。
ボクは誰かの人生が「カチッ」とはまる瞬間を描いた作品が大好きなんだ。
コーチになってくれるとやろ、素晴らしい……。


バーナード嬢曰く。
町田さわこみたいな人がいれば、神林もダークサイドに落ちない。そんな人間が近くにいてくれることは、本当に幸せなことですよね。


ガーリッシュ ナンバー
異様に高い自己評価、甘い見積もり、努力嫌いで打たれ弱い。
ちーさまを他人とは思えませんよ……。
だからこそ、ちーさま一人生きていけないような業界・世界であってほしくないと思ってしまう……。ちーさまの良さを活かしてほしいと思う……。
これも「自分がいつの間にか獲得したもの、もしくは獲得できなかったものを獲得し直す話」のいちパターンなんでしょうなあ。
でも、だからこそ胸を打つ……。
ちーさまは悪いヤツじゃないんだよ、そしてそれはおれもだよ。
そんな、自問自答アニメ……。


DRIFTERS(ドリフターズ)
原作でわかりにくいところにところどころ修正入れていたり、
絵やアクションがいい感じになっていたり、
フツーにいいアニメ化でしたよ。原作が好きでフツーに出来が良くて、
フツーに続くと、あんまり書くことねえな……。


Lostorage incited WIXOSS
「カードバトルに勝ち抜くと、貴方の記憶をひとついじってあげます」
って、どんな都合のいい記憶が手に入ろうと、
他者に認識が変わらないと、ただの物狂いと変わらなくない……?
ってなる時点で、色々難しい本作でしたが、
見終わってみると、普通にみなさんがそれなりに嫌な思いをし、
傷跡残しながらも日々に戻っていくラストだったので、まあ。
でも、ボクの考えるウィクロスっぽさって、嫌な話というか、
「エキセントリックなヤツが巻き起こす嫌な話」だったんだなあと
再確認したりしなかったり。


Occultic;Nine-オカルティック・ナイン-
ラストの二話の怒濤の会話劇で「解決した!」ってされても、その、なんだ!

世界を救うにしても、主人公が、世界を救うべき存在ってことと、そのためのロジック、両方をちゃんと伝えなきゃなんだから難しいですよな。


うどんの国の金色毛鞠
最後の最後でケチがついたねえ②
「うどんの国~と言う割にうどん食わねえし、企画先行のアリバイ作りみてえな話だったなあ」なんて皮肉を書こうと思っていたのに、書きにくくなってしまった。
絵はキレイだったのに、全く香川に行きたい気が湧いてこないのは、話の下処理の気がしますね!戸籍の無い子供を、両親無し休業中の30歳の男が引き取ろうとする、書くのも気が滅入るような話で、日々の素晴らしさやその土地の良さを語るのって、非常に難度が高いと思うんですよな。むしろ、それのみに注力しなければいけないくらい。その点本作は、なんとなくフツーの話でまとめてきたので、アクの部分を思い切り食わされてしまって、なんともいえない気分に!




んで!2016年アニメTOP5はこんな感じ!

1位 ふらいんぐうぃっち
2位 ユーリ!!! on ICE 
3位 この素晴らしい世界に祝福を!
4位 響け!ユーフォニアム2
5位 WWW.WORKING!!



でどうでしょうか!

2017年もたくさん楽しいアニメに巡り合いたいですね!

スポンサーサイト

Tag : 一言感想 アニメ

Search

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。