Top > スポンサー広告アニメ感想 > 2015年のまとめ(アニメ感想)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年のまとめ(アニメ感想)

2015年に見たアニメの感想をだーっと書きます。


ガンダム Gのレコンギスタ
いやほんと、すごいこたあすごかったんです。
会話のキャッチボールに剛速球や変化球、暴投、参加してない奴に投げつけることを織り交ぜたり、
刻々と変化していく戦況や、場の思惑に振り回される主人公以上に振り回される視聴者!
こんなめちゃくちゃやってるのに、それでも毎週面白いの。
ただ「面白かったなー」という感想は残りながらも、
錯綜していたため、どんな話だったかはいまいち思い出せないという罠!
なので、理論立てて面白さを説明できないというか……。
背景も良くわかってないというか……。でも面白かったんですよ!?


Fate/stay night [Unlimited Blade Works]
ユーフォ―テーブルは、原作を墨守さえすれば良いものが作れる……
とはよく言われるものの、今回の原作の、、
ノベルゲー特有のとっちらかった感じまで修正せず残しちゃったせいで、
無駄な動線が多いなーとか思ってしまうのでした。


クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
素晴らしかった。
いかにも男性向けのヴィジュアルですが、実際のテーマは
「いけ好かない男(社会)を女傑どもがぶっ飛ばす」
ですからね。この仕掛けだけでもお見事と言わざるを!

内容も下品ながらも迸る生命力の美しさを見せつけられて、
終盤は常時感動しておりました……。

女の子てんこもりですが、みなさんけっこうアレなので、
その実、底辺女子高。
ですが、勝手気ままに生きたり、なんとなく絆されたり、
それで苦しんだりする姿に情が移り、
どうしようもなく愛おしくなったり……。

そうですね、愛おしい、かわいい作品というのが
正確なボクの評価なのかもしれません。ゲスいけど。


七つの大罪
週刊連載で、アニメよりも魅力的な背景をフリーハンドで描ける
ばっちょのヤバさを再確認しました……。


ガンダムビルドファイターズトライ
ホビーアニメの体を装うことすら辞めたら、
もうGレコとすみ分ける必要ないじゃん……と。


寄生獣 セイの格率
作品の舞台を今の時代に合わせるための改変は、けっこう良いものが多かったんですが、
シンイチの家の「奥さんに専業主婦させられる家持ちのライター」の子供ってのが、
一番リアリティない気もする、そんな冬の朝です。

アニメ化して良かったなーというところがいくつかあったので
(シンイチに「いいんだな?殺して」とミギーが尋ねるシーンの緊張感。など)
おおむね満足です。


SHIROBAKO
夢をつなぐ仕事の尊さが描かれていました。
どんな仕事でもこうありたい、より良くあるための回り道を大切にしたい……。
と、自分のあり方にまで影響を及ぼすアニメは、本当にありがたいものです。


四月は君の嘘
Twitterから転載。
四月は君の嘘、ラストからの逆算のストーリーは「それっぽさ」重視で実がなくて、ふわふわしたものだったけど、劇伴と絵が見事に背骨になって、なんだかんだで楽しく見られましたね。
こんな感じ。


ユリ熊嵐
透明な嵐吹きすさぶ、今の時代に出るべくして出てきたなーという感じ。
ラスボスがその他大勢の一人なのも、同調圧力にひるみつつも一歩踏み出すのもその他大勢の一人なのも、
そしてその瞬間、その他大勢でなくなってしまうのも、
きっかけとなったものは、だれの手も届かないところで永遠に在り続ける愛というのも、
とてもとても好きだ。


神様はじめました◎
迂遠なのろけ。


艦隊これくしょん -艦これ-
これ、どうすれば勝ちだったんですかね。
駆逐艦如月が轟沈した次の回、底抜けに明るい金剛がギターかき鳴らす
「ビーチサンダルで葬式」案件のお話だったんですが、
ゲームの艦これも、この気風があるっちゃあるんですよね。
「サンマをたくさん集めてください!」なんてぬるいイベントでも、ミスれば艦は轟沈します。
あのふざけた構成は、艦これというゲーム自体は正確に表現していたと思います。
じゃあそれが、作劇として正解かといえばノーで。
すでにゲームを楽しんでる者としては、ゲームのフックにならなくてもいいから、
作品としてまとまりがある、楽しいものが見たかったなあという思いです。
注目を集める作劇か、満足して円盤買ってもらえる作劇か。
何が勝利で、これは何を目指したんでしょう。


冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた
Twitterより
「冴えない彼女の育て方」個性豊かな三人のヒロインを「個性豊かな人たち」と書割のように扱うことで、埋没するはずの地味な一人の女の子がいちばん特別なサムシングだと魅せつけるテクニックに感動。

一話でガツンと加藤の魅力にやられて、そのあとは加藤をフィーチャーしない脚本や、
加藤の性質を曲げようとする面々にハラハラやきもきしながら見ていました。
加藤はいまのままが一番良い……のに……!!

変な視聴スタンスだなー。とは思う。


アルドノア・ゼロ(第2期)
1クール目の最後であんな不義理をしながら、
2クール目はこれかーという感じです。普遍的というより無難。
要所要所の構図は面白かったんだけどね。


聖剣使いの禁呪詠唱(ワールドブレイク)
主人公の口癖を「思い……出した!」(前世を思い出すと強くなる)にすると、ボケ老人みたいになっちゃうの、
気づかなかったとはいわせませんよ!
とはいえ、見ていたらボクもどんどんおじいちゃん化していき、
主人公が二人のヒロインから迫られ、坂からゴロゴロ転がって終わる最終回とか、
ニコニコしながら見ていたので、これはこれで正解の気がします。
艦これアニメに足りないのは、愛嬌ですね?


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
あのラストは続編決定とあわせてはじめて許される類のものだと思いますが!
二期の流れとしては、ホンモノ以外は価値がないと思っていたところで、
ホンモノじゃなくても居心地のよいものを受け入れかけている自分と、それにどう立ち向かうかの
心の流れはつかめたので良かったよ。
ホンモノなんてねえし、ホンモノであろうとする心持ちこそ大事なのさ。
そのピュアネスを大学在学中までに直しておかないと、ファンタジスタドールとか作る人間になるから注意だ。


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
瞬間風速すごかったよねベルくん。


うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ
シリーズを続けようとすると、どうしても元々のメンバーの描写が薄味になっちゃって物足りない。
最後の展開は、ふつう許されない感じだけど、一応続編の発表もしているし、
何より前シリーズでライブ中ドラゴンが客席を焼き払った実績があるので、
そんな無茶する連中に何か言う気もない。
客席、焼いとくもんだね……。


血界戦線
まさかホワイトがアニメオリジナルキャラだったとは……。
設定もアニメ初出しのものをどんどんぶっこんで来るとは……。
それなのにめっちゃなじんでいる……。
それも「なんでもアリ」なヘルサレムズ・ロットという舞台の雰囲気を
よく出せているからでしょうか……。良かったです。


アルスラーン戦記
いろいろありましたが、何はともあれ象ですね。
戦象を出してくれただけで百点です。
みなさんもっと戦術としての象に目を向けるべきです。


SHOW BY ROCK!!
チュチュさんがもともと持っていた野心やコンプレックスからグラグラすることの
シリアスさにはそれなりにまともに向き合えるのに、
でっかいラスボスを音楽で倒すことに向き合うのが辛いのはなんでなんでしょうかね。
やはり突飛なものを扱うときは、少しのギャグが必要……。


ハロー!!きんいろモザイク
9話はねーわ。


てーきゅう
相変わらずラードを飲まされるような視聴感だけど、
それも6クール続くと、いっそ実家のような安心感。ラードイズ実家。


高宮なすのです!
てーきゅうのスピンオフ。ユリの弟がツッコミ役をやってくれるので、
てーきゅうのツッコミ担当のユリがボケをやっているのが新鮮でした。
内容は枠内。
あと、各話タイトルが村上春樹パロなのも楽しく見られた一因でしたねー。
「高宮なすのとピニャ・コラーダ」の元ネタは、春樹の小説の
「毎晩僕につきあっていたら、一週間で君は日本で一番ピニャ・コラーダに詳しい中学生になれるよ」
というセリフ。地獄でしょ。


響け!ユーフォニアム
良かった。
最終話の高坂さんのソロパートが、ストーリーと音楽に支えられて
ものすごい説得力を持っていた。
そして高坂さんは主人公ではない!のが良いよね。
美しいソロを支える音に秘められたドラマ。
ユーフォや吹奏楽の面白味を再確認しました。
(積極的に関わろうとは思わない)


俺物語!!
猛男と砂の幼稚園のシーンだかでニンテンドーDSが出てきて、おれは死んだ。
特に文句もなく楽しめたんですが、
たぶんすぐに忘れてしまいそうなのは毒がなかったからで、
じゃあ毒があったら楽しめたのかというと、そうでもない。
毒のないような別作品を貴んでいる自分もいる。そうですね、
一言でいうと「好み」の問題ですね!(無駄に長い。


シドニアの騎士 第九惑星戦役
ラブコメやらシリアスやらSFやら、過不足なく。
アルペジオと並んで、フル3Dアニメ作品へのアレルギーを
緩和した、転換点のような作品だと思います。
(亜人のせいでまた発症しそうな気もするけど)


ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン
どう作っても「忍殺だから」で許される下地。
艦これと真逆ですな……。正解を目指すんじゃなくて、出した形がきっと正解。みたいな。


乱歩奇譚 Game of Laplace
第一話で中性的なコバヤシ少年が出てきた瞬間「新しい!」と思いましたが……枠内でしたね。
暴徒化した民衆たちの怖さというのも、同じ時間帯で似たような話をやっていたのもあり、
意外性はなく……。一番意外だったのは、パノラマ島が原案だったのに、
入れ替わりネタがなくて、仏作って魂入れず案件だった回というのも!!
いろいろガワが良かっただけに、ちょっと残念。


城下町のダンデライオン
この枠でこの原作で、ちゃんと終わらせたのがそれだけでエライですよね。
こういった作りにすると「4コマ」というより「ストーリーもの」という
評価になって、ギャグの独立性(キャラクターの個性ありきの内輪ネタに堕してないか)とか
どうでもよくなって、個性はあった方がいいし、オチはなくてもいいとなるんですな。


ミス・モノクローム-The Animation-
ボクの中でもうサザエさんみたいな感じになってきました。


うーさーのその日暮らし 夢幻編
ボクの中でもう(略。
パロディが話題になりがちですが、SF色強めな回があったり、さらっと風刺が入ったり、
雑味こそ持ち味!みたいに受け入れるうーさーさんのコンテンツとしての
度量の広さに感服したとかしないとか。


GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
やっぱ
「人と人は分かり合えない だけどいいんじゃない」
という歌詞のバックで、敵の陣地に兵器を撃ち込む自衛隊には、
皮肉なのか天然なのかという、底知れなさを覚えましたね……。
本編より胸に訴えるものがありました。


Classroom☆Crisis
枠内。ただ不思議と、見せ場っぽい見せ場や、
感情の爆発するシーンなどよりも、
みなさんがまめまめしく、淡々と仕事をしているシーンが面白かったです。
労働ってそういうものだからなのか……?


戦姫絶唱シンフォギアGX
「のっぴきならない理由で戦っていた新キャラをぶちのめしたあとお友達になる」話、
さすがに食傷気味だぞ!
まあ、コンテンツを続けるにはそうしなきゃいけないのはわかる。
そして「歌」を振りかければ、食い飽きたものもまだ食えるようになるのもわかる。
いつまで続くのかわかりませんが、そろそろなんとかしてほしいなーという気持ち。


デュラララ!!×2
今完結編が放映中で、巨大なうねりをもって物語が動いているので、
それを見届けてたからという感じですね!
単品としては「転」と冠した通り、ちゃんと「転」してるのでいいです。


Charlotte(シャーロット)
物語が加速して、加速して、まばゆい火花の美しさが垣間見えるようになってからの
大陸系マフィア!!
美しく終わらせないのがだーまえ節だというのか!
おかげで宿命を知るまでの熱量ある怒涛の展開の記憶が
マフィアに上書きされてしまいましたよ。なんなんだ。


ワカコ酒
感情の乗ったぷしゅ~だったよ。
つまみも美味そうだった……。


のんのんびより りぴーと
続編を作る際、いきなり時間を巻き戻す力技、
ボクは評価したい……。
続けられる限り続けようよ、敵を仲間にしない間は。


オーバーロード
ネットゲームのノリをストーリーにしっかり落とし込んでいて、
メタ的にも、本筋としても楽しめました。よいよい。


洲崎西 THE ANIMATION
すごい時代になったものだな……。
内容としては「ごちうさ」や「きんモザ」の親戚ですよな。
(ダンデライオンのときにちらっと書いたあれだ)


干物妹!うまるちゃん
Twitterより。
「うまるちゃんのどこがかわいいのか」と言われ「天気という言葉はあれど、その実態は無いように。季節という言葉はあれど、実質春夏秋冬の総体を示す言葉であるように……」と迂遠な前置きをして切々と語ったら「お前うまるちゃんに脅されてんの?」「動画工房に親人質にとられてんの?」と言われた。

うまるちゃんはかわいい。


がっこうぐらし
(狂いながら)日常や希望を信じ続けるゆきと、
彼女を守ることで明日を考え続けられるほかの面々と、
がっこうのなかの面々がイビツに適応してゆくのが良かったですね。
深海魚はきっと幸せなのだ。


アイドルマスター シンデレラガールズ
不完全な希望と願いを胸に秘めて踏み出す一歩のなんと美しいことか!


ヤング ブラック・ジャック
名作の過去スピンオフで、時事ネタを織り交ぜ、
スターシステムも完備と、おっさんに至れり尽くせりな感じなんですが……。
そういったオマケばかりが充実していて、
肝心の本筋の力が弱かったと思います。
純粋に話として面白かったのは、新興宗教ネタくらいだったかも……?
大上段に構えた「彼はなぜ闇医者に落ちたのか」も、
わかるようなそうでもねえような。


K RETURN OF KINGS
新キャラ出したら全員殺す勢いなのがいいよな!
なんだかんだで、一言さまの言葉を墨守していたクロが、
下手なりに自分の句を詠んだあたりで、さすがのボクも感動したよ。
2クールかけるとこんな技が繰り出せる、みんな時間は大事にしようぜ。


蒼穹のファフナー EXODUS
オチは枠内ながらも十分感動できるスッキリしたものでしたが……。
やっぱり一番はカノンの回でしたね。
自分の幸せと、大切な人たちの未来を天秤にかけての
「お前といられる未来があった。それだけでいいんだ」
と絞り出したセリフ。
失くしてしまった「あり得た未来」フェチとしては、
たまらないものがあります。
何よりカノンとはもう十年の付き合いで……。喪失感。


落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)
テンプレ魔法学園モノですが、
しっかり自分の色を出せていたと思います。
彼を慕う弟子たちの存在は意外でしたし、
10話の氷対雷の戦いなんかは、本作ならではという感じでしたね。
綾辻先輩の「小指チン」をはじめ、中二心をくすぐる
すぐ真似られる仕草もあって行き届いていたと思います。
ただOPのガッツポーズ、おめーはダメだ。


終物語
純粋?な推理ものの前半がすごく好きだった。
探りながらのバトルといえども、やっぱりバトルは帰結なので、
そこに至るまでのプロセスが美味しいと思うし、好きだなあ。


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
楽しんで見ています(まだ放映中)。
いい意味でガンダムというものに囚われてなく、
伸び伸びとウェットな疑似家族任侠SFをやってるイメージ。
(そもそも任侠は疑似家族だけど)面白い。


ワンパンマン
ちろっと見える「あっしには関わりのねえことで」
が、良いスパイスになっているんだ。あと、体液が飛び散るところが良い。


おそ松さん
会話劇として面白く見ています。
着眼点も見事(先日の「囲碁始めたら兄弟に言う?」ネタはサイコーでした)。
どうして腐女子に人気かなんて、益体のない話をたまに見ますが、
(大抵は自分の言いたいことだけ書いて、おそまつさん見てねえようなやつ)
キャラが立ってて、会話が面白いから、
そしてその会話を検分することで、さらにキャラが強くなるから……。
以外ねえと思うんだが、どうか。
あるシチュエーションに二三人ぶち込めば、いくらでも会話が出てきそうな作品、あんまねえ。


ゆるゆり さん☆ハイ!
制作会社変わったみたいですが、そこまで気にならず。
一番「!?」と思ったのは、「かわいいはなしだなー」と思った回の脚本が、
深見真さんだったこと。あの拷問が好きな。
たぶん、本質的には拷問なんだぜ。あのゆるい百合。


不思議なソメラちゃん
いつものちょぼらう節といまざき節なので、まあ。という感じなんですが、
最終回の「どうせ死ぬなら面白い恰好で死んでやる!」と、
逆立ちで隕石に体を貫かれてしんだところ、
その頭の悪い前向きさにひどく感銘を受けました。
こうありたい。

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER
さすがに経年劣化はありましたが、
(たぶん原作が出来たのは、ネットウイルスが一般的でなかったころでしょう)
(つか、そこらへんのセリフ修正しなさいよ)
しっかり引っかかったので、根幹の骨太なロジックは
しっかり感じられたようです。よいよい。


ご注文はうさぎですか??
城下町~の時にかいたアレの最たるものがコレだ!
だけど長く続けていくと、この手法も許されてしまうのだ……。


ヴァルキリードライヴ マーメイド
いやほんと、女の子同士が絡み合ってるのに、
絵面、ちょうきたねえの!!目をそむけたくなるの!
だけど、エナジー、感じたよね。
汚泥のようなうんこのなかに、ダイヤモンドあったよね。
それを大事にしていきたいよね。

んで!2015年アニメTOP5はこんな感じ!

1位 SHIROBAKO
2位 アイドルマスターシンデレラガールズ
3位 クロスアンジュ
4位 響け!ユーフォニアム
5位 ユリ熊嵐


でどうでしょうか!

2016年もたくさん楽しいアニメに巡り合いたいですね!

スポンサーサイト

Tag : アニメ 一言感想

Search

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。