Top > 3次元感想 > 5月に見た映画まとめ

5月に見た映画まとめ

劇場で見た映画に★をつけてみる試み。
出来ではなく、ボク現在の好感度です。
★が1、☆が0.5でよろしく。
『スコット・ピルグリム』『ブラック・スワン』
『嘘つきみーくん』『エリックを探して』の4本。

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 ★★★☆
冴えないバンドマンのスコット君は、超クールな女の子と出会う。だけどその娘と付き合うには七人の元カレを倒さなくちゃいけなくて…?

ノレるかノレないかが全て。それしかねえ。

冴えない男がファム・ファタールを見つけて命を懸ける話で、「スタート直後から女の子と付き合っていて、フることになるが理由が曖昧」
って、大問題だと思うんですが!
理由や雰囲気なんて瑣末なことを吹き飛ばすくらい、運命の女性が美人でイケイケだったら、そら話は成立するし、感情移入もできそうですが、んなことないしな!

「彼女がいる」ってのは、スコット君の泥臭さを軽減させる仕掛けじゃないかね。
作品を徹頭徹尾ライトに、楽しく、ノリ良くするために。

お陰さまでストレス無く(気になったのは上の彼女関連くらい)楽しく時間潰せたけど。
うーん……食い足りない……?という印象。
でもまあ、トレーラー見て楽しそうと思った人なら、まず楽しめると想います。ほんとにノリしかねえからな!

あ、ヤサイ人とインド人はサイコーでした。


ブラック・スワン ★★★★★
バレリーナのニナは自分と全く違う性質の役を与えられるが、自分との齟齬や大役の重みから、だんだんと狂気の渦に沈んでゆく…。

素晴らしい。
ストーリーはオーソドックスで、テーマも普遍的なもの。
だけどその分、エグい演出が生きる!
とにかく「すごいものを見た」という気分にさせてくれる、
真っ黒で腹にたまる演出の数々!たまらない!
『冷たい熱帯魚』と同じく、物見遊山で、行くべし!(そして大怪我)


嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん ★★★★☆
誘拐殺人事件の生き残りであるみーくんとまーちゃんは10年ぶりに再開したが、まーちゃんの心は見事に壊れていて、ガキを監禁してやがった。

いい感じ。
「嘘つき」と「壊れた」というお話の原動力になりそうな要素を軽く扱うことで
「さて、トラウマはそれとして、どう生きるか」
というのがよく描けていたと思います。
そら過去の事件のことはケリつけなきゃだけど、
それにケリつければどうにかなるわけでもないでしょ?という冷笑と、ちょっとした希望と、温かい視線が合わさって、
ラストシーンを感慨深いものにしていました。
(とっ散らかった交差点をそのままに、車道を歩いてゆく)

みーくんすげえ良い。
劇場での予告編を三回ほど見て、
みーくんフェイスが頭にこびり付き、半ば強迫観念で興味を持ったんですがこれはアリですよ!
「嘘だけど」という如何にもラノベ調のセリフが、
みーくんフェイスと静かな演技で違和感なくなっている。
まーちゃんも可愛い。ナイス。


エリックを探して ★★★★
人生の何もかもが上手くいかないエリックさんの元に、
彼が英雄視するエリック・カントナの幻影が現れ……


これもストーリー自体はオーソドックスなんだけど、
他作品と異ならしめるための一品が逸品すぎるというか、
モノホンの「エリック・カントナ」を連れてきた時点で勝ちじゃねえか!

空想の中の彼の新たな一面を知るとともに、
(というか、ファンなら言動はチェックしてるだろうから、改めて気付いただけなのかな)
何にもないと思っていた自分が持っていたものに気づいていくという、構成がしっかりしているのも良いね。

出来は良いです。ほろりとも来ます。地味だけど。
カントナさん出てくるまでは、特に。

twitterにも書いたけど、カントナさんの幻が意地でもサッカーをしないのが良かった。
カントナさんはもうサッカー引退して、
新たな人生(俳優や、趣味の楽器)を歩んでいるからね。
よっかかりすぎない、線引きがお上品。

スポンサーサイト

Tag : 映画

 編集・削除に必要
 管理者だけにコメントを表示
Search

Return to page top