Top > スポンサー広告レビュー > 今年の映画10本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の映画10本

今年ブログを更新する気など微塵も見せずに
映画を見ていたら、どうやら33本あったので、
ここまで金使ったなら、ブログの肥やしにでもせにゃもったいなかろうと書き始めた次第。


2010年個人的映画ランキング


1位:トイ・ストーリー3
シナリオのお手本・教科書のような作品。
ここまで練られた脚本を見せつけられると、
「出来が良すぎて可愛げがないのが欠点」なんて、頭でっかちなことも言いたくなる。
脱走シーンではハラハラさせられ、別れのシーンでは見事に泣かされたからな!
個人的に、そこで彼らが「動いて喋った」のが嬉しい。
アンチャン、そこまで「卒業」させられたら、映画館でさらに駄々こねてたワ。
(さらにってことは、既にさめざめは泣いていたらしいよ……)


2位:キック・アス
あのね、ヒットガールがねえ。かわいすぎてヤバイんだよ。
かわいそうでねえ、愛らしくてねえ。……ヤバイんだよ(語彙が……)。
さておき、この映画を貫く、どうしようもないものに「それでも」立ち向かう姿勢は、ただただカッコイイ。
キック・アスは、痛い思いに耐えていい思いをすれば、その分しっぺ返しを食らうし、それが最悪の結果を招いて、彼もまた取り返しの付かないところに踏み込んでしまうのだけど、そのことも粛々と受け止める姿勢がカッコイイ。まさにヒーローっぽいじゃないか。「それでも」戦う人はステキじゃなイカ。

ライトだけどディープ、カッコイイけどボンクラ。
いい感じです。サントラも買うぜー(音楽もカッコイイ)。
つーかサントラ、日本で出るのか……?


3位:カールじいさんの空飛ぶ家
じいさんが過去の夢や思い出と折り合いをつけ、未来に希望を抱き、社会に適応してゆくまでの物語。
1位のトイ・ストーリー3と同じで、ピクサーの脚本は年々隙が無くなっていくw
いい話だよ。実際おれも泣いたよ。
だけどその涙は、社会に適応できない自分を哀れんでのものではなかったか……?(知らねえよ)。


4位:ぼくのエリ 200歳の少女
絵で、音で、構図で、台詞が、映画の中に「世界」を作っている。目の前にストックホルムの空気が伝わってくる。だからぐいぐい引き込まれる。
オチは少々の憧憬を抱きつつ――可愛くもグロテスクで、ゾッとして、ボクらが「エリ」に抱く感情そのままでナイス。
あ、あるシーンで作品の読みを「誤解」させ、ぶっ壊しかねない改悪というか、画像処理が入っているので、観終わったら適当に検索して調べてください。これはやっちゃだめだ。


5位:蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
素晴らしいことはわかる!わかるんだけど!
おしっこ我慢しながら見たから、細部を――細やかな仕事を多分見逃しているので、下手なことが書けねえ!
それでも良かったので暫定この順位とこのコメント。
群馬に来たらもう一回見て、ちゃんとしたこと書きマス。


6位:十三人の刺客
ゴローちゃんがほんと憎くてな!このキャラをボスにしただけで殆ど成功していると言っても良い!
血みどろの殺陣は盛りだくさんすぎて、ボクは終盤少し倦たけど(もし右下に残り何人!とかリアルタイムで出たらもう百点あげてた)、それでも迫力満点&馬鹿で面白かった。
ケータイ捜査官のケイタが、唯一の弟子役でオイシイ役どころなのもポイントよ!彼はビッグになる……ビッグに。

7位:ヒックとドラゴン
単純にビジュアルが気持ち良いのはもちろん(ドラゴンの背に乗り空をカッ飛ぶ爽快感)、
ストーリーもところどころ、ヒックさんとドラゴンの出会いと、物語の運びに「運命」を感じられて、ステキ・ロマンティックです。
ナードとジョックの物語とも読み替えられますが、ジョックのみなさんが憎めないのでそこも愛らしい。
だけどねえ、もう劇場で、3Dでは見られないのがねェ!

8位:アウトレイジ
クリエイティブな暴力と、ヤクザ映画の様式美の詰め合わせ。観終わってみると思った以上に何にもないけど、まあ楽しい。そこが良い。
(余談だけど、ボクが劇場に行ったときは本職っぽい人が後ろの席でダメだししたり、血や悲鳴に喜んで忍び笑いをしたり。そのせいで余計怖かった)

9位:プレシャス
プレシャスのどうしようもない人生が、どうにかなりかけたところで起こる衝撃に対してのプレシャスの受け止め方が良い。
気軽で手軽な人生賛歌に落ち着かず「それでも、生きるんだ」という悲しくも力強い決意が伝わって胸を打つ。
かなりいい映画で、いくつもお気に入りのシーンがあるけど、如何せん重いのでご注意。

10位:告白
面白い……けど、とてつもなく下品!
とにかく視聴者の心をどうにかしてやろうという、なりふり構わぬ飛び道具の嵐。
百歩譲ってジェットコースターのような映画。冗談のわかる人向け。


―――

スマートな作品もあるけど(そういう脚本は憧れだ)、泥臭い映画の方が多いのが、ボクが今何に惹かれてるかの証左だねぇ。よし、来年のテーマは「それでも」だな!

アニメ多いなーとか思った人、最近のピクサーをナメちゃいけねえ。あいつら、マジでこっちの涙腺壊しに来るからな!


しかし今年はいい映画が多かったですね!
来年もいい映画とたくさん出会えますように!




スポンサーサイト

Tag : 映画

 編集・削除に必要
 管理者だけにコメントを表示

Trackback:

TrackBack URL for this entry
http://tanakan.blog10.fc2.com/tb.php/181-7eda1977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Listed below are links to weblogs that reference
Search

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。