Top > スポンサー広告よしなし事 > 石田エッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石田エッセイ

ちょっとエッセイ的なものが書きたくなったので、
このエントリをつかってだらだら書いてみることとす。

・自己言及と病気の話
いきなり自己言及を始める人は「構ってほしい」か
「気が滅入っている」とはボクの偏見ですが、
的外れというほどでもありますまい。
「病気自慢」もそうでしょう。まあ、こっちは病気を人質にとって、
「構え」と圧力をかけている分たちが悪かろうと思いますが。
――ただ、これは自慢に落ち着き、ネタに昇華しきれていない場合。
正岡子規くらい、立派な自慢をしてみたいもんですなあ――
と、こんなことを考えていると、自分が病気をネタにしようとする際、
ブレーキがかかるわけですな。この程度じゃネタにはならん、
ただ哀れを請うているばかりでみっともない。なんてねえ。
でもねえ、人の日記をわざわざ見に来る人で、その人に対して
「病気自慢だ!このクソ野郎!」なんて思う人はそういないんですよ。
ある程度の好意が前提にあっての日記御閲覧ですからね。
ムカつくために日記を見る人もおりましょうが、きっと少数派。―――
なのでボクの断りは、誰を慮ってかというと、ボク自身なんですなあ。
「おれはおれの信念を曲げたわけじゃないんだからね!」という。
まさしく病気自慢なんてのは自己への言及「自己言及」ですな。


・噂のくしゃみ
で、風邪のネタです。同情不要、ただし幼女からならお受けします。
まあ、今の時分は花粉症の人などそれどころじゃないでしょうなあ。
さておき、今でもまだ様式美としてマンガ等で使われておりますが、
くしゃみの出る理由は「人が噂をしたから」なんてのがありますな。
コレ、地方によって諸説あるのですが、ボクの実家では
「1回噂、2回はそしり、3回はいい噂、4回目は風邪」です。
2回で治まりそうなくしゃみを何とか3回にしようとしたのは、
幼き日の可愛らしい思い出と言えなくもないですが、
実はこの年になってもボクは、2回くしゃみをすると
「あー畜生、今おれの悪口を言いそうなのは…あいつかな?」
などと心の中で適当な人物をケンキョします。
色々考察して、
「深夜2時だというに起きていて俺の悪口を言いそうな奴は…?」
なんてね。
ま、いい年こいてこんなことを頑迷に信じているのは、
風邪を引いているときは「気が滅入っている」からでしょう(笑)。
こういうときに、人を疑う心は滑り込んできたり、
自らのうちから膨れ上がってきたりするわけですな。
個人的にはこういう考え方も嫌いなんですが、
そうだなあ、あんまり人を疑わない人は、
くしゃみをした時くらい人を疑ってみてはどうかな!?
なんて、反動的なことを書いてみたくなる今日この頃です。
おお、気が滅入ってやがるな(笑/言い訳)。


今日はこれくらいで。もっと色々人を不快にするような話を
書こうとしていたのですが、まあ、まあ。

スポンサーサイト

Tag : 日常

 編集・削除に必要
 管理者だけにコメントを表示

Trackback:

TrackBack URL for this entry
http://tanakan.blog10.fc2.com/tb.php/172-022cc793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Listed below are links to weblogs that reference
Search

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。