Top > 2016/03/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それはきっと、ずっと(原案:更級日記)

清少納言が宮仕えをはじめたのは二十七の時という。
女ざかりを過ぎて、決して顔も良いわけでもない
(私が言ったのではありません。当人が言ったんです)
女房が、その機知から愛され、浮名を流すというのは、
私には夢のある話に思えた。
その相手も実方さまや行成さまと実に華やかだ。

紫式部さまも素敵だ。
一途に夫である信孝さまのことを想う。
こういう生き方も透き通った美しさがある。
何より『源氏物語』の礎が、
宮仕え生活にあったと考えると、希望がある。

そう、希望。
宮仕えは私にとって、ちょっとした希望だった。

Continue reading

スポンサーサイト

「いつ恋」7話の答え合わせ。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
職場で話を合わすために見始めましたが(心が弱い)
面白いですね。

Continue reading

Search

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。