Top > 2016/01/

明け方の夢と、宇宙人ガチャ。

くじ引きで、望むものが手に入らなくて、
ぐずっている子供がいたら、どうしますか。

その子供の関係者でないのに、
慰める人は、よっぽどの子供好きでしょう。

だから慰められる子供はきっと少ない。

子供だってそうなのだから、
いわんや大人は、という具合ですよな。

今のボクがそれだ。
慰めはいらない。

………

ガチャで金をすってグチグチ言うのもなーとか
思うわけですが(でも言います)、
グチグチ言って許される空気というのは、
なんとなーく存在していますよな。
まあツイッターなどしょせんパーソナルスペースですから、
スロで負けた競馬でスったなど、自由に
ぶちまければ良いんでしょうが。
なんでしょうね、ガチャは
勝ったところで現世利益がないところが、
勝っても負けても嫌味にならない感じなんですかね。
スロや競馬で勝てば、相手を屈服させられますからね。
ガチャでいいキャラを引いても、だれをやっつけられましょう。

でもなー、やっつけてえよ。
そのキャラの価値を知っている人間だけが
大いに羨ましがるようなキャラを引きたいね。
よくわからないひとには、
なんでえバカがバカ騒ぎしてるよ。
みたいな距離感でね。

あーでも金もほしいな。金がなければガチャもひけねえしな。

宇宙人にさらわれて、
なんか地球と宇宙の間にたっての
折衷役とかまかせられねえかな。
それで莫大な富をな、得てな。

まあ、そんな幸運、ガチャでほしいキャラも
出ねえようなボクにはめぐってこねえよな。


おあとがよろしいようで。

スポンサーサイト

Tag : 妄想

いくさ神に挑んだ話。

昔話をします。

Continue reading

Tag : 妄想

真田丸を見ながら。

真田丸」を楽しく見ている。

大泉洋演じる真田信幸は実直な人柄で、
奇策を弄する食えない父や、
そんな父に適応してしまう天才肌の弟の間に立たされ
ずいぶん苦労している。
おまけに奥さんは病弱だ。
非才(あくまでも相対評価だけれど)ながら
まめまめしく、嫡男としての役目を果たそうとする
その姿に、思わずエールを送りたくなる。

実直さ、まじめさというのは、
平時にこそ重視されるもので、
歴史が彼に一番期待していることは、
父や弟の代理ではなく
平和になるまで「生き残ること」なのではないかと思わせる。

実際、彼は幕藩体制下で、
農民への税の免除などをはじめとする政策で、
河川の氾濫や、戦争による人手不足で荒廃していた
上田・松代の復興を成し遂げた。
きっとあざやかな奇策ではなく、
愚直で実際的な政策のもたらした成果だろう。


現在はいちおう平時だ。

平時に役に立たない人間は、
きっと有事に役に立つのではないか。
まあ立たないかもしれないが、
それは有事になってみないとわからないこと。
だから自分が何の役に立つか
探すのに疲れたり、
わからないことに疲れたりする人間は、
生き残ることだけ考えればいい。


『爆風三国志』の曹操が三十歳の、
時流に恵まれないときに言い放った
ボクの好きな言葉がある。
「なあに心配するな……
二十年引っ込んでいたところで俺はまだ五十歳だ
もうひと勝負打てるさ!」 


生きてさえいれば、勝負できるのだ。

2015年のまとめ(アニメ感想)

2015年に見たアニメの感想をだーっと書きます。

Continue reading

Tag : アニメ 一言感想

Search

Return to page top