Top > 2015/05/

10年遅れの愛のCoda

みなさん!キリンジの「愛のCoda」という楽曲をご存知ですか!

壇蜜さんが「人生の最期に聴きたい曲」にチョイスしたと知り、
はじめて聴いてみたんですが、これがいいのなんの!



最初はただ美しいメロディと、
声の心地よさに浸っていただけなのですが、
歌詞に耳を傾ける余裕ができると、
これはまさか……延々と
「自己愛」と「自己憐憫」を歌い上げた、
ひどく情けない歌なのではないか!?
と、気づきました。

そうしたら余計好きになりました!
自らを反省することなく、
ただ「しかたなかった」と理由をつけて
諦めて、相手の気持ちを勝手に想像して、
「おれと同じ気持だろう」なんて思って、
一人身勝手な孤独に沈む。
でもきっとそれは気持ち良いことだと思います。
不様でみっともない自己満足だと言い切るには、
メロディも歌声も、あまりにも甘くて、美しく、
自己憐憫の甘美さを保障してやまない――。

以下に、歌を聴きつつ書いた、
歌詞の解釈メモを載せておきます。

こんなことしてると、卒業論文のテーマが
「詩」だったことを思い出します。
そしてボクにはセンスがなかったことも――。

Continue reading

スポンサーサイト
Search

Return to page top