Top > 2008/10/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アイアンマン」感想

一応ネタバレ注意

スペック的なツッコミで無しに、整合性や、
「ん?」と思うような登場人物の行動、ツッコミどころがありますが、

社長最高
なので、そんなものはどーでもいい(笑)。

おれも社長になりてーなー。

雑誌の表紙モデルと月代わりで寝てみたり、
インタビューに来た女とその日に寝てみたり、
でも本命の彼女には手を出さず、DTマインドを貫いてみたり。

アフターファイブには自宅の地下に作った秘密ラボで、
世界を救うためのスーパースーツを作ってみたり、
完成したらスナック感覚で中東に行って、
ゲリラ組織を潰してみたり、人助けをしてみたりしてえ。

社長、確かに恵まれてて、悩みも多分なくて、
まあイヤミに思えてしまう人もいるかもしれませんが。
多分にバカでピュアなので、
バランス取れてて、いい感じにヒーローしてると思います。

理想像?の社長の活躍を見て、おれも社長になりてーなー
社長最高!とかゲラゲラ笑いつつ見れば楽しい時間が過ごせます。
オススメ。

Ironman I am.

ああ、秘書の人(名前忘れた)小さな手にすっぽり隠れる
USB?の描写は好きだったなあ。小さな手に救われたのだよヒーロー。
ヒーローで間違ってない・・・よね、社長。

スポンサーサイト

Tag : 映画

『宙のまにまに』5巻 レビュー

宙のまにまに 5 (5) (アフタヌーンKC)宙のまにまに 5 (5) (アフタヌーンKC)
(2008/09/22)
柏原 麻実

商品詳細を見る

最近ヘコむことが多くって、まにまにワールドに退避しております。
本作には、悪意が存在しない!理想郷!
天文部を廃部にしようとする生徒会長のフーミンだって、
半ばトムジェリってるだけだしね。

そこをあげつらって、リアリティがないだの、
作者の理想郷がキモいだの言われる事がありますが!

男女混合の文化部とか、押し並べてアレですよ!
中の下くらいの顔のねーちゃんがアイドルになって、
そのねーちゃんを巡ってブサイクな男たちが対立!
悦入って私のために争わないでモードの中の下、
ブサイクたちはブサイクで陰口告げ口あることなし!
おれこんな「明日のリアル」ならいらないよ!(偏見ですって)

まあ、上記の、そういった経験者が語る
リアリティの意味を履き違えた、饐えたリアリティなどいらんのです。
でも理想郷はいるのー、必要なのー。
ボクの心を理想郷であそばせないと、死ぬの!簡単に、ぽとりと。


マイノリティを妙な誇りにしてみたり、拗ねてみたりする事なく。
そういった雑音はシャットアウトして、
ただ部活に向き合い、その場を共有し、心を通わせてゆく。
こりゃあ素直なオタクにであるための処方箋でもあるかもしれませんな。
おお、おれたちはいつから汚れちまったんだ。楽園の扉は閉ざされた!

あ、ボクは後輩が入ってきて
なんとなく浮かれちゃってる姫ちゃんがお気に入りです。
新キャラが入ってきてもエターナル姫ちゃん派だぜ~。

paraiso.jpg

新番組1話感想

特に推敲せずにダラダラと。
見当違いのことを書いてたら、かわいそうな人だとおもいねえ。

・とらドラ!
友人たちと実況しつつ見ていました。
本作の主役2人(間島さん、釘宮さん)が、
ボクらの愛するゲーム『Routes(AA)』の主演と同じなので、
主役の竜児がカッコイイことを言うたびに、
「ソーーーイチイイーーー!」
「ソーーーーイチーーーー!」
「ソォオオオイチィイイイイー!」の大合唱。なんて可哀相。
それはさておき。
「最初は別々の人を好きだった2人が、共同戦線を張ってるうちに~」
というなつかし少女漫画風の骨子にちょっぴりナウい萌えをプラスした、
変化球に見えなくもないけど本質ド直球(ツーシーム?)の
手堅いアニメだと思うので、これからも普通に楽しめるかと!

しかし2話見ましたが、展開早いですなあ(^_^;)
お互いのことを興味のない2人が段々と意識してゆく…ってのは、
作り手からしても腕の見せ所でしょうし、
ラブコメにおいて一番美味しいところだと思うのですが。
原作のお試し版みたいに、原作おいしいとこどりなだけの
アニメだったらいやんだなあ。

・ヒャッコ!
凡庸。
日アニという時点で、ソツなく普通のものを出してくると
想像しておくべきだったなあ(^_^;)

・のだめ
相変わらずの安定感。

・夜桜カルテット
冒頭長々と世界観語りなんか入れて
見せる気があるんでしょうか(^_^;)<いきなりゲンナリだよ!
あと、キャラの固まっていないうちから
「こんな~は嫌だ」をやられても…。そういうキャラかと思うだけだよ!

・人生
人生は好きでも嫌いでもありませんが、
なんとなく見てみれば毎回けっこう面白いあたり、流石としか。

・黒執事
毎週執事が所を変え品を変えかっこいいところを
見せてくれるアニメでしょうか。
…イイネ!
カッコよさのゲシュタルト崩壊が起こるまで見届けたく。

・鉄のラインバレル
これでいいならいいよ(^_^;)
言っておくけど、シータは全然違うからな!
シータが空から落ちてくるのは、3つくらい意味あるからな!

・イナズマイレブン
お、おれをこんなに悦ばせてどうするつもりだ…!?
ちょっとこれは個別で感想書かなきゃいかんかなあ。

・ワンナウツ
OPがトーアのプロモーションビデオみたいになっていて大笑い。
でもこの見せ方は間違ってないぜ!
モデルとなった『アカギ』と同じで、本作も
「トーアいろっぺー!トーアカッコイー」というのを楽しむものだからね!
流石のアカギスタッフ、わかってるね!

不安を覚える隙すらない。面白い。

・魍魎の匣
CLAMPキャラデザのせいか美麗と称えられているけど、
なんだか塗りが野暮ったくなかった(^_^;)?ボクだけ?

友人に京極ファンが多いので、クマーの顔をして
「へー、こういうのが好きなんだ!こういうのが!」と纏わりついたら、
「違うもん、違うもん」といろはたんのモノマネで返してくれました。
俺たちの明日はどっちだ!

次がんばりまーす

Tag : アニメ 一言感想 Routes

Search

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。