Top > Tag[REX]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビューいろいろ

BAMBOO BLADE 10 (ヤングガンガンコミックス)BAMBOO BLADE 10 (ヤングガンガンコミックス)
(2009/01/24)
土塚 理弘

商品詳細を見る

前巻のアップルマンゴークリームパンは今巻のミスリードか(笑)!?

中盤読者は山を登らされるわけですが、
その山から不吉な感じは皆一様に覚える。
登ったところで良い目には合わないんじゃないか。
山頂に到達した瞬間、火山が噴火するんじゃないか?
杞憂で、そもそも山を登っても何もないんじゃないか?

けっこう長い山ですよ。長い間ちょっと不安を覚えつつ登る、
だからそれが解消される山頂は気持ち良いんですな。
たとえとんでもないものが待っていようとな。
盛大に尻餅をつくがいいさ。それで足を休めれば良い。

だが、ああ!だがしかし、
山頂に「のりピーハウス」があると知ってしまっている人間は、
どういう気持ちで長い山を登ればいいんでしょうか。

ネタバレ踏んじまったんだヨォー!

タンブラーマジこええー(^_^;)
話は面白いだけに勿体無かった。あの誰得感が素晴らしい。

とめはねっ! 4 (4) (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 4 (4) (ヤングサンデーコミックス)
(2008/11/28)
河合 克敏

商品詳細を見る

面白さをどうこう云うのは他の人にお任せして、
今巻のボクなりの解釈をば。
新ヒロインの宮田さんと、宮田さんの出現によって、
ユカリを意識し始めた望月さんですが、やっぱり望月さんだよね!

宮田さんはユカリの性質~英語が出来たり、
年齢にそぐわぬクソマジメさ~を、
「ガチャピンみたいなねぼけ眼」と、ギャップで捉えますが、
望月さんは「ナヨッとした」ユカリの性質は「優しい」ことに通ずると、
良寛の「風」の書を見て、理解するヒントを得たわけですな。

日本全肯定教の一員からすれば、現在において
どちらのヒロインの理解・許容のほうが深いかは一目瞭然ですな!

ボクは日野ちゃん派です。

怪異いかさま博覧亭 3巻 (3) (IDコミックス REXコミックス)怪異いかさま博覧亭 3巻 (3) (IDコミックス REXコミックス)
(2008/12/09)
小竹田 貴弘

商品詳細を見る

作品全体としてのレビューは1巻のときのをご参考いただければ。
基本的な骨子はそのままです。

しかし小竹田先生の描く花魁はかわいい。
髪型なんか現代人の感性からはちょっと合わない筈なのに、
それでもかわいい。
(まあ、小悪魔ageha的な髪型は結構花魁チックですが)
今巻の淡雪は特にいい感じで、是非尻に敷かれたい!
彼女の見世なら足しげく通いたい!身請けしたい!と思えます。
おお、今、江戸とTOKYOが繋がった!

…すみません群馬です。

どきどき魔女神判2 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)どきどき魔女神判2 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
(2008/12/19)
八神 健

商品詳細を見る

『密・リターンズ!』パロディは、八神先生からの
『どき魔女』で作風が変わったと思って心配しているディープファンへ
「オレは大丈夫さ!楽しんでるぜ!」
というメッセージではないかと邪推。

さておき、先の『密・リターンズ!』ネタのように、
元ネタが殆どの読者に理解されないであろうが、バンバン
パロディ・ギャグを入れるようになり、
前のシリーズより格段にテンポが良くなり、面白くなっております。
(宗兄弟ネタとか死ぬほど笑った)
ヒロインたちもギャグやパロディに参加&それに反応と、
前に出ることが多くなり、キャラも早めに確立するようになったかと。

だらだら書きましたが、幼女の裸が出てきたのでボクは満足です。


室町少年倶楽部 (文春文庫)室町少年倶楽部 (文春文庫)
(1998/08)
山田 風太郎

商品詳細を見る

表題の「室町少年倶楽部」は、
歴史の偶然で生まれた「少年将軍」と「少年管領」の
理想に燃え、冒険に走るキラキラした様子を、
山風先生には珍しい、ですます調の
やさしい語り口で記した作品です。

第一章までは(笑)

詳細は書きませんが、
少年が大人になるということが、
どんな無体をしても少年にしがみつくということが、
どれほど悲しく、切ないかを巧みに描き出した名作かと。
そう「第一章の子どもに読み聞かせるようなですます調」
が読み進めるほどキいてくるんだ。

余談
子どもはそれほどピュアでもないくせに、
大人を汚いと断じますが、
ピュアでありたいと願う心は、
オレは汚れているんだとうそぶく大人の方が強烈だよなーとか、
「少年と大人」「ピュアと汚れ」の対比に注目しつつ、
思ったそうですよ。大人だって必死で可哀相なんだから、
いじめてやるなよ、と。

スポンサーサイト

Tag : REX 一言感想

Search

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。