Top

演劇脚本「椅子はある」

登場人物

男(多分二十代)
女(もしや二十代)
少女(きっと十代)


暗転のままスタート。
バスの運転手のナレーション「西町診療所前~西町診療所前~」
ばあさんの声「はいはい降りますよ。……お兄さん、席、ありがとうねえ」
バス停止、発車などのSE。
そして照明が点くと中央に椅子。それを囲むように男、女、少女がいる。

Continue reading

スポンサーサイト

演劇脚本「ぼくがフラワーアレンジメント部の部長として何の成果も残せていないわけがない」

登場人物

冬くん……フラワーアレンジメント部・部長
春ちゃん…フラワーアレンジメント部・唯一の部員
秋田先生…フラワーアレンジメント部・顧問


夕日の差す教室で、窓の外を見ている冬くんと、
その背に視線を投げる春ちゃん。

Continue reading

テーマ: ショートショート ジャンル: 小説・文学

Tag : 妄想

それはきっと、ずっと(原案:更級日記)

清少納言が宮仕えをはじめたのは二十七の時という。
女ざかりを過ぎて、決して顔も良いわけでもない
(私が言ったのではありません。当人が言ったんです)
女房が、その機知から愛され、浮名を流すというのは、
私には夢のある話に思えた。
その相手も実方さまや行成さまと実に華やかだ。

紫式部さまも素敵だ。
一途に夫である信孝さまのことを想う。
こういう生き方も透き通った美しさがある。
何より『源氏物語』の礎が、
宮仕え生活にあったと考えると、希望がある。

そう、希望。
宮仕えは私にとって、ちょっとした希望だった。

Continue reading

「いつ恋」7話の答え合わせ。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
職場で話を合わすために見始めましたが(心が弱い)
面白いですね。

Continue reading

つまるところ、この街は

暗い道から暗い道に、きっと入ってしまうから……。
私のゆく道を照らしてください、お月さまよ。

とは、和泉式部の歌の和訳。

でも、自分がダメになってしまう予感を、
感じ取れているだけエライと思う。
たいていの人は、気づいたら
もうどうしようもなくなっている。

・・・・・・

Continue reading

Tag : 妄想

Search

Return to page top